歯科Q&A

通常の歯石除去と、テレスコープトリートメントはどう違いますか?

通常の歯石除去では、ポケットの中まで殺菌できているわけではないので、すぐプラークの再付着が起こります。その上、歯周病菌が血管内に入り、かなりの確率で菌血症をおこしてしまいます。 テレスコープトリートメントでは、歯科用拡大鏡を使用して、肉眼では見えにくいポケット内をパーフェクトペリオで洗浄しながら歯石とプラークを除去するので、血管内への感染リスクはかなり低くなります。また、トリートメントが終わった後もパーフェクトペリオがポケット内に浸透しており、細菌の再付着を防止します。

  • MENU
  • 一般歯科・虫歯治療・知覚過敏
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • JIADS式専門的歯周治療
  • PMTC
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • お悩みから探す
  • 治療が必要だが、痛みが不安
  • 歯が痛い、しみる
  • つめもの・冠(かぶせ)が取れた
  • 歯ぐきが痛む
  • ワイヤー無しで目立たず歯並びを治したい
  • 白くきれいな歯になりたい
  • 入れ歯が合わない
  • 定期検診を受けて予防したい
  • 採用情報
  • 歯科Q&A
  • ドクターコラム
  • 検査・診断

お問い合わせ

無料カウンセリング相談

pagetop